レバクリ

更新日:2024/02/21

プロペシアとフィンペシアの違いは?使用方法や注意点について解説

この記事のまとめ
  • プロペシアとフィンペシアは、どちらもフィナステリドという成分を含むAGA治療薬
  • フィナステリドは、5αリダクターゼII型を阻害することでAGAによる薄毛の症状を改善させる
  • プロペシアは日本国内で承認を受けている医療用医薬品
  • フィンペシアはインドで生産されている国内未承認の医薬品
  • フィンペシアは個人輸入で手に入れられるが、偽薬が届くなどのリスクがある

AGA治療薬を選ぶにあたって、プロペシアとフィンペシアのどちらを使えば良いのか、判断に迷う方もいるのではないでしょうか。プロペシアとフィンペシアはどちらも同じ薄毛を抑制する効果が期待できますが、服用にあたってそれぞれ注意点があります。

本記事では、プロペシアとフィンペシアの効果や副作用、服用方法、注意点などについて紹介していきます。

プロペシアとフィンペシアの違い

プロペシアとフィンペシアはどちらも同じフィナステリドという成分を含むフィナステリド製剤です。発売しているメーカーと商品名が違うだけで、成分は同じであるため効果は同じだと考えることができます。

しかし、日本国内での医薬品承認を受けているのはプロペシアのみです。フィンペシアは国内で承認されていないため、その点が大きな違いといえるでしょう。

フィンペシアについて詳しく知りたい方は、「フィンペシアとは?効果や副作用、通販で購入する際の注意点」も参考にしてみてください。

フィナステリドとは

フィナステリドとはAGAによる薄毛を抑制する効果のある成分です。ここでは、フィナステリドの効果と副作用について解説します。

フィナステリドの効果

AGAは、ジヒドロテストステロンが、前頭部や頭頂部の男性ホルモン受容体に結合することで、毛乳頭細胞の増殖抑制や活性低下を引き起こし発症します。ジヒドロテストステロンは、体内の男性ホルモンの1種であるテストステロンが、前頭部や頭頂部に発現している5αリダクターゼII型によって変換されることで生成されます。

フィナステリドは、5αリダクターゼII型を特異的に阻害することで、AGAの原因となる前頭部や頭頂部でのジヒドロテストステロンの産生を抑制します。この作用により、AGAによる薄毛の治療に効果を発揮します。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」によると、フィナステリドの内服によるシステマティック・レビューでは、12〜24カ月以上の内服で脱毛部1㎠当たりの硬毛数がプラセボよりも有意に増加したとの研究が掲載されています。また、日本人男性に対するランダム化比較試験においても、フィナステリド1mgを3年間内服することで、写真評価で98%の脱毛改善効果が認められた研究もあります。

男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」において、AGAの治療薬としてフィナステリド製剤は推奨度A(強く勧める)となっており、日本国内においてAGAの治療に広く処方されています。

フィナステリドの効果については、「フィナステリドの効果とは?副作用や服用時の注意点についても説明」でも詳しく解説しています。

参考: 公益社団法人 日本皮膚科学会「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」 医書ジェーピー株式会社「臨床皮膚科 60巻6号 (2006年5月発行)

フィナステリドの副作用

医療品医療機器総合機構によると、フィナステリドの重大な副作用として、頻度は不明ですが肝機能障害が挙げられています。ただ、内服薬はそもそも肝臓で代謝され、体外に排泄されます。そのため、あらゆる内服薬で肝機能障害が発生する可能性はあります。

そのほかの副作用としては、リビドー減退、勃起機能不全注、射精障害、精液量減少があります。フィナステリドは男性ホルモンの1種であるジヒドロテストステロンの産生を抑制する薬のため、男性ホルモンに関わる副作用が現れる傾向にあります。

また、フィナステリドは、前立腺特異抗原(PSA)の値を下げる効果があるため、健康診断などでPSA値を検査する人は注意が必要です。実際にフィナステリドの内服をした場合、PSA値が40-50%低下したとの報告があります。PSA値の検査値に補正をかける必要があるため、検査する際には事前に病院やクリニックにフィナステリドを内服していることを伝えるようにしてください。

参考: 医療品医療機器総合機構「フィナステリド錠0.2mg『SN』/ フィナステリド錠1mg『SN』」 National Library of Medicine「Effect of 1 mg/day finasteride on concentrations of serum prostate-specific antigen in men with androgenic alopecia: a randomised controlled trial

プロペシアとは

プロペシアとはフィナステリド製剤の先発薬の商品名で、日本国内で医療用医薬品として承認を受けているAGA治療薬です。製造販売元はオルガノン株式会社で、2005年12月から2023年8月現在まで製造販売されています。

日本国内で医薬品承認を受けるためには、人での臨床試験を行い効果や副作用の確認、含有されている添加物や成分濃度の調査、製造工程は適切であるかなどさまざまな試験や研究が行われます。そして、専門家や専門機関での審議を行った後に、厚生労働大臣によって最終的に承認されます。そのため、プロペシアは有効性や安全性が認められた治療薬といって良いでしょう。

プロペシアを服用するには、医療機関で受診し、医師からAGAの診断を受けた後に処方してもらう必要があります。用法は1日1回で、定期的に内服を行います。

プロペシアについて詳しく知りたい方は、「プロペシア(フィナステリド)の効果とは?効果が現れるまでの期間や副作用を解説」も参考にしてみてください。

フィンペシアとは

フィンペシアは、インドで製造されているフィナステリド製剤です。フィンペシアは2023年8月現在では日本国内で医療用医薬品として承認を受けていません。成分の含有量が正確なのか、添加物や製造工程が日本国内での基準を満たしているのか不明のため、フィンペシアを服用すると思わぬ副作用が発生するリスクがあります。

また、薬機法によって国内で未承認医薬品の販売や処方をすることは禁止されているため、医療機関で受診したとしてもフィンペシアが処方されることはありません。フィンペシアを服用するには、海外から直接個人輸入する必要があります。

未承認医薬品を個人輸入する際は、インターネットなどを利用して個人輸入代行店に依頼することで購入できます。ただし、個人輸入にはリスクがあるため、あまりおすすめはしません。

医薬品の個人輸入はリスクがある

医薬品の個人輸入では、偽薬が送られてくる可能性があるだけでなく、日本国内では許可されていない添加物を使用していたり、許可されていない製造工程を経て製造されていたりする可能性があります。

実際に、インターネットで購入したED治療薬の約4割が偽造品であるとの報告や、未承認医薬品を服用したことによる健康被害などが起きることが多く、消費者庁から注意喚起がされています。

また、日本国内で承認を受けている医療用医薬品であれば、適正に服用した場合の重大な副作用は医薬品副作用被害救済制度の対象となり、治療に関わる費用の補助を受けることができます。しかし、未承認薬の場合は医薬品副作用被害救済制度の補助を受けることができないため、服用には注意が必要です。

そのため、フィナステリド製剤を服用する際は、医療機関を受診して国内承認済みの医療用医薬品を処方してもらうのがおすすめです。

AGA治療薬の個人輸入について詳しく知りたい方は、「AGA治療薬の個人輸入は危険?AGA治療薬の安心できる入手方法を解説」も参考にしてみてください。

参考:日本新薬「インターネットで入手したED治療薬の約4割が偽造品

まとめ

フィンペシアとプロペシアの違いについて、それぞれの治療薬を服用する方法と注意点について紹介しました。日本国内で未承認の海外製の医薬品を個人輸入して服用するのは健康被害などのリスクが高いため、自分がAGAかもしれないと思ったら基本的には医療機関を受診し、AGA治療薬を処方してもらう方が良いでしょう。

また、薄毛の原因としてはAGA以外にもさまざまな疾患が存在するので、確実な診断と安全な治療を行うためにも、薄毛で悩んでいる方は医療機関を受診するのがおすすめです。

この記事の監修:

牧野 潤医師

慶應義塾大学医学部卒業。日本形成外科学会専門医。 医師免許取得後、株式会社ボストンコンサルティンググループにてヘルスケア・IT領域にて従事。 現在は慶應義塾大学医学部助教、美容医療を主としたJSKINクリニックを経営・監修、オンライン診療サービス「レバクリ」監修。

<所属学会> 日本形成外科学会 日本美容外科学会(JSAPS) 日本乳癌学会